おいでよ!不思議の森のミュージアム2008

最終更新: 2019年1月8日









                                         

おいでよ!不思議の森のミュージアム2008


『子どもの想像力を刺激する空間』

子どもの視点に立った企画と、子どもの創造力を刺激し、さらに能動的に関わることができる展示を提示した。触りたくなる素材、形を表現するために柔らかく不安定な紙を多く使用した。



  


■おいでよ!不思議の森のミュージアム 会場設計業務

主催:福岡アジア美術館、西日本新聞社、テレビ西日本、NPO法人子ども文化コミュニティ、九州大学ユーザーサイエンス機構こどもプロジェクト、西日本リビング新聞社

会期:H20.7.26~H20.8.17

会場:福岡アジア美術館企画ギャラリー 施工:(株)ツカサ創研


​株式会社 環境デザイン機構

copyright © 2018 Kankyo Design Kikoh